子供を喜ばそうと買ったセラミックの鍋

以前子供がもう少し小さかった頃、なぜか突如焼き芋にはまったことがありました。

最近はスーパーでよく焼き芋を売ってますよね。

そのため、スーパーへ行くと必ず焼き芋を買ってくれとねだられました。

まあ、お菓子よりはいいのでその都度買っていたのですが、焼き芋って以外と高い…

サツマイモを買うだけなら大した金額じゃないのに、と思い、じゃあ家で焼き芋すればいいじゃないか、と思い立ちました。

セラミックの鍋なら簡単においしい焼き芋ができると聞いて、そのオシャレな見た目も気に入ってインターネットで即買いしました。

数日後届いた鍋をウキウキで受け取った瞬間、びっくりしました。

想像していた以上にとにかく重いし大きいのです。

それでもとりあえず箱から出して、買っておいたサツマイモでさっそく焼き芋を作ってみることに。

まつこと数十分、できた焼き芋はおいしそうで、たしかに簡単に焼き芋ができました。

子供に食べさせてみると、食べるのですが、なんだかスーパーで買った時よりも喜びが薄いのです。

その後、焼き芋作ろうか、と聞いても生返事で嬉しいそうな声はかえってきません。

子供はたぶん、焼き芋が好き+スーパーで何か買ってもらうという行為が嬉しかったのでしょう。

その後自分から焼き芋食べたいと言わなくなってしまいました。

私もその大きくて重い鍋を出すのが次第に面倒になり、今や収納の一番奥にしまわれたままになってしまいました。

便利なのはわかっているのですが、ついついおっくうになってしまうのです。

子供を喜ばそうと思って買ったのですが、ちゃんと店頭で大きさや重さも確認してから購入すればよかったなぁ。

かなりのスペースを占拠する鍋をみながら思ってしまうのです。