気持ちが冷めてしまいました

私はつい最近、何か久々に資格でも取ろうかなと思い立って、色々調べてみました。

日本にある資格の中で、自分が興味があるかなと思ったのは、世界地理検定でした。

しかし、他の検定を見てみると、古代ローマ検定というものがありました。

ローマという限られた土地の検定があるならば、私が最も興味があるイギリスの検定はないものかと思いました。

調べましたが、そのようなものはないらしく、それに一番近いものが世界地理検定だったのです。

だけど、私はイギリス意外に興味がありません。

アジアやアフリカなども学ばなくてはならないのだと思うと、気持ちが冷めてしまいました。

本屋ではテキストが売っていないので、ネットで目次を見たのですが、がっつりアジアも入っていました。

これでは世界史のようです。

やはり、イギリスに絞ったものではありません。

ローマはあるのに、ずるいなあと思いながら、資格を取るのは諦めました。

自分でイギリスについて、個人的に調べていけばよいのです。

ですが、どうせ本格的にやるなら、検定や試験という形で合格して、その証拠を残しておきたいのです。

その方がやる気も出ますからね。

その後、図書館によって、イギリスに関する歴史などの本を見てみました。

しかし、歴史よりも、今ある建造物の名前やその場所などに興味があるので、やはり地理だなと思いました。

そこで思ったのは、最も良いテキストは観光ガイドブックでは?ということでした。

それなら家にあるので、細かいところまで覚えられるなと、身近なところにテキストが見つかりました。