かにのおいしい食べ方

かにのおいしい食べ方はいろいろありますが、おすすめは「焼きがに」ですね。

殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

水分が逃げないよう、新聞紙などで殻ごとくるみ、自然解凍できれば最高です。

半日程度のゆっくりした解凍を目指しましょう。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。

焼くときは、水分が残るようにしてくださいね。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これはガザミという和名でも知られる、横に大きい形をした蟹で、瀬戸内海で蟹といえばこれを指します。

他にも大阪湾や伊勢湾、有明海などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが基本的な楽しみ方です。

また、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。

ネットで見かけた蟹の激安通販が気になって仕方がないとう方は多いように見受けられます。

他の北海道のカニの通販ランキング業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見ればいいことずくめのように見えます。

しかし、すぐに飛びつくのは禁物です。

常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、通販のていを装った詐欺だったりすることも可能性として考慮しておかなければなりません。

こういう場合は、その業者の評判を検索などで十分調べてから購入を検討するべきです。

さもないと詐欺の被害に遭ってしまうかもしれません。

今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。

わざわざ皆様にご推奨するのは、本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、いわゆる「ワケアリ」商品は出てこず、普通の値段で普通の蟹を買うだけであり、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。

対して、蟹通販には通販ならではの利点があります。

つまり、普通は売り物にならない蟹。

つまり、傷物の蟹であっても、それでもいいというお客様向けに安価で販売しており、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。

かにの産地といえば?と聞くと、何といっても北海道ですね。

それにも理由があって、今のところ、毛蟹がとれるのは全て北海道なのです。

まだまだ他にかにの種類はあります。

それなら日本各地にそれぞれの種類が有名な場所を思いつく方もいると思います。

一つの例として、ズワイガニなら松葉ガニといわれるくらい鳥取県の水揚げ高は多いのです。

北海道のカニの通販ランキングサイトでも常に人気上位のタラバガニですが、買う前に十分業者のことを調べてください。

アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。

素人目には見分けがつかないそうです。

何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、よく見たらアブラガニだったということも実際にありましたので値段もさることながら、評価の高い業者を選びましょう。

松葉ガニのメスを、ある時期セコガニと呼びます。

メスしかいないので、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、産卵期前で、卵を抱えていて身も濃厚な味とされていて、セコガニの熱心な愛好者が根強くいます。

とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか水揚げされることはなく珍重されるのは当然です。

自分の周りでも、かに通販でかにを買って良かったと自然に思っています。

それも当然でしょう。

パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。

産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、家族からかにのリクエストがあったときは少々時間はかかります。

ですが、北海道のカニの通販ランキングなら店舗に行くよりも、かに通販で買うことがほとんどになりました。